福島県猪苗代町・総合型地域スポーツクラブ カメリーナスポーツクラブ

会員規約

ホーム > 会員規約

規約

第1章 総則
(名称)
第1条 このクラブの名称は、「カメリーナスポーツクラブ」と称し、以下「クラブ」という。

(所在地)
第2条 このクラブは、主たる事務所を福島県耶麻郡猪苗代町字鶴田141-2(猪苗代町総合体育館内)に置く。

第2章 目的及び事業
(目的)
第3条 このクラブは、猪苗代町における生涯スポーツ振興を図り、もって、会員の健康増進、地域コミュニティーの促進、豊かな高齢者社会の創造及び青少年の健全育成など明るく豊かで活力に満ち溢れる地域社会の実現に貢献することを目的とする。

(事業)
第4条 クラブは前条の目的のために次の事業を行う。

  1. スポーツスクール、健康増進サークルの設置。
  2. スポーツイベント・各種スポーツ大会の開催。
  3. スポーツ・文化に関する各種教室の開催。
  4. 各種研修会の開催。
  5. 健康増進・体力向上に関する相談。
  6. スポーツに関する広報活動。
  7. その他クラブの目的達成のために必要な事業。

第3章 会員
(クラブの構成)
第5条 クラブは次の者をもって構成する。

  1. 会員 クラブの事業に参加し運営に協力するもの。
  2. 登録指導者 クラブの事業に参加し、指導者としても事業を援助できる者。

(入会資格)
第6条 クラブに入会を希望する者は、次の要件を備えていなければならない。

  1. 原則として町内に在住し、クラブの目的に賛同する者とする。ただし、クラブの趣旨に賛同し、クラブの運営に積極的に参加する者は町外の者であっても入会できる。
  2. クラブの定める諸規定を遵守する者。

(除 名)
第7条 クラブは、前条第2項を遵守できない会員については、理事会の決議により除名することができる。

(入会手続)
第8条 クラブに入会を希望する者は、別に定める所定の手続きにより申し込むものとする。また、入会後入会申し込み時の記載事項に変更が生じた場合には、速やかに届けなければならない。

(会費の納入)
第9条 会員は、クラブが別に定める会費を納入するものとする。

(会費の不返還)
第10条 既納の会費は、返還しない。

第4章 組織
(役員)
第11条 クラブに次の役員を置く。

  1. 会長 ・・・ 1名
  2. 副会長 ・・・ 1名
  3. クラブマネジャー ・・・ 1名
  4. 理事長 ・・・ 1名
  5. 副理事長 ・・・ 1名
  6. 理事 ・・・ 若干名
  7. 事務局長 ・・・ 1名
  8. 監査役 ・・・ 2名
  9. 顧問 ・・・ 若干名

(役員の選任及び任期)
第12条 クラブの役員は、総会において正会員の中から選任する。

  1. 役員の任期は2年とする。ただし再任は妨げない。
  2. 補欠のため、または増員によって就任した役員の任期は、それぞれ前任者又は任期の残存期間とする。
  3. 役員は、辞任または任期満了後においても、後任者が就任するまでは、その職務を行わなければならない。

(役員の任務)
第13条 役員の任務は次の通りとする。

  1. 会長は、クラブを代表し、クラブを総括する。
  2. 副会長は、会長を補佐し、会長不在時あらかじめ理事会が定めた順序で、その職務を代行する。
  3. クラブマネージャー(アシスタントマネージャー)は、会長の命を受けてクラブの事業運営・計画等統括したマネージメントを行いアシスタントマネージャーはその補佐を行う。
  4. 理事長、各部会理事を統括し事業状況を理事会に報告する。
  5. 事務局長は、理事長を補佐し、理事長不在時あらかじめ理事会が定めた順序で、その職務を代行する。
  6. 事務局長は、事務局室を統括する。
  7. 理事会は、役員及び理事で構成する。
  8. 監査役は、会計を監査する。
  9. スタッフ委員会は、各コースの代表者で構成し一般会員の統括と年間活動計画案と実施を行う。

第5章 会議
(会 議)
第14条 クラブに次の会議を置く。

  1. 総会 1回/年 4月上旬。
  2. 理事会 四半期/年 (3ヶ月単位)。
  3. スタッフ委員会 四半期/年 (3ヶ月単位)並びにイベント協力要請時。

(総会)
第15条 総会は、本部役員及び理事会並びにスタッフ委員会をもって構成し、クラブの最高決議機関とする。

  1. 総会は、会長が招集する。
  2. 総会の議長は、会長とする。
  3. 総会は、次に掲げる事項について議決する。
    • (1)事業実施報告の承認。
    • (2)事業計画の提案・審議と承認。
    • (3)収支決算報告と予算計画提案・審議と承認。
    • (4)役員の選任及び解任。
    • (5)規約の制定及び改廃。
    • (6)その他、クラブの運営に重要な事項。

(票決権)
第16条 総会における議事議決は、総会構成員による3分の2以上の賛成を持って決議する。

(理事会)
第17条 理事会は、本役員並びに理事で構成し、次に掲げる事項について審議し、議決する。

  1. 総会での事業活動決定事項に関すること。
  2. 各専門部の事業報告並びに計画の原案作成に関すること。
  3. クラブ運営上、緊急に議決する必要のある事項に関すること。
  4. 前各項に定めるもののほか、会長が必要と認める事項に関すること。

(スタッフ委員会)
第18条 スタッフ委員会は、担務理事と事務局長並びに各コース代表者で組織し、次に掲げる事項について審議し、議決する。

  1. 事業の活動状況報告と課題対応に関すること。
  2. 活動計画並びに総会に付議すべき事項の原案作成に関すること。
  3. 活動会員への周知事項等、クラブ運営上、緊急に決議する必要のある事項に関すること。
  4. 前各項目に定めるもののほか、会長が必要と認める事項に関すること。

(事務局)
第19条 クラブの事務を処理するため、猪苗代町総合体育館「カメリーナ」内に事務局を置く。

第6章 会計
(会計)
第20条 クラブの会計は、以下のものをもって支弁する。

  1. 会費。
  2. 事業等による収入。
  3. 国、県、町、財団からの補助金。
  4. 協賛金。
  5. その他の収入。

(財産の管理)
第21条 クラブの会計は、事務局が行い、財務部担当理事が補佐する。

(会計年度)
第22条 クラブの会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年の3月31日に終了する。

第7章 自己の責任
(自己の責任)
第23条 会員は、クラブの活動に際しては、クラブの諸規定、各指導者の指示及び施設利用規則に従い、自己の責任において行動するものとする。これに背理して盗難、傷害等の事故が起きた場合は、クラブ及び指導者等に対し一切の損害賠償を請求しないものとする。
(保険の加入)
第24条 会員はスポーツ安全保険に加入するのが望ましい。クラブは、その活動中の傷害については、クラブの加入する保険の対象範囲でのみ対応するものとする。

第8章 細則
(細則)
第25条 本規約に定めない事項及び運営上必要な事項は、運営委員会の決議により別に定める。

附則

  1. 本規約は、平成18年度総会(平成18年4月16日)から施行する。
  2. クラブの設立当初の役員・運営委員は、第12条第2項の規定にかかわらず、会長が委嘱する。 (廃止)
  3. クラブの設立当初の役員の任期は、第12条第3項の規定にかかわらず、平成20年3月31日までとする。(廃止)
  4. 本規約は、平成20年度総会に組織改変(平成20年4月11日)を行う。
  5. 本規約は、平成25年度総会(平成25年4月27日)から施行する。
  6. 本規約は、平成25年度総会に組織改変(平成25年4月27日)を行う。
  7. 本規約は、平成26年度総会(平成26年5月31日)から施行する。