福島県猪苗代町・総合型地域スポーツクラブ カメリーナスポーツクラブ

会員規約

ホーム > 会員規約 > 会員規約

入会会費細則

第1 入会について

規約第8条の入会申し込み書は次の1号様式とする。

第2 会費について

1.会員の年会費は、次の表に定めるところによる。
区分  町内在住者又は町内在勤(学)者 町外在住者
大 人 3,500円 4,000円
小・中・高校 3,000円 3,500円
家族(2名) 5,000円 6,000円
家族(3名以上) 7,000円 8,000円
備考
(1)町内在勤(学)者とは、町内の事業所及び学校へ通勤または通学している者をいう。
(2)家族会員に入会する場合は、同居家族とする。


2.賛助会費 ・・・ 個人 1口:3,000円/年  団体 1口:5,000円/年
3.会員継続割引 毎年 4月30日までに会員継続手続きをした場合、それぞれの料金より 500円割り引くものとする。(家族会員は 1,000円割り引きとし、新規会員は除くものとする。)

第3 年会費の納入について

1.年会費は、クラブ加入登録時に納入するものとする。
2.年会費は毎年、クラブ事務局への持参により納入するものとする。

運営委員会・専門部会の組織及び運営に関する規程

(趣旨)
第1条
この規程は、カメリーナスポーツクラブ規約第17条・第18条の規定に基づき、運営委員会(専門部会)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(委員の定数及び所管事項)
第2条
運営委員会の委員の定数及びその所管事項は、次のとおりとする。また、運営委員はいずれかの専門部会に所属するものとする。

  1. 運営委員会 (20名以内)
    •  ア 事務局運営に関する事項。
    •  イ クラブ式典に関する事項。
    •  ウ 運営委員・各種目指導者の研修に関する事項。
    •  エ クラブの広報、入会PRに関する事項。
    •  オ その他、各専門部会の運営に関する事項。
  2. 総務部会 (8名以内)
    •  ア 1.ア~オの原案作成に関する事項。
  3. 財務部会 (3名以内)
    •  ア クラブ財政(会費の徴収事務を含む)に関する事項。
    •  イ 予算書(案)、決算書(案)に関する事項。
    •  ウ イベント収入・支出に関する事項。
  4. スクールコース部会 (12名以内)
    •  ア 初心者を対象とした各種スポーツ教室等の受け入れ実施に関する事項。
    •  イ 競技力の向上(チャンピオンスポーツ)を推進するための企画及び実施に関する事項。
    •  ウ スポーツ少年団活動及び学校部活動との活動調整に関する事項。
    •  エ 青少年のスポーツ活動を奨励し、青少年の健全育成を図るための実施に関する事項。
  5. 健康増進部会 (5名以内)
    •  ア 体力の向上、健康の増進のための活動に関する事項。
    •  イ 幼児をもつ親子の健康づくりに関する事項。
    •  ウ 高齢者の健康づくり、生きがいづくりの支援活動に関する事項。
  6. イベント部会 (5名以内)
    •  ア クラブのイベント企画及び実施に関する事項。
    •  イ 気軽に楽しむレクリエーション活動に関する事項。
    •  ウ 家族や異世代間交流等のコミュニティーづくりに関する事項。
    •  エ ニュースポーツの普及活動に関する事項。
    •  オ 町内運動施設(私営も含む)、湖水浴場、スキー場等を活用した活動に関する事項。

(委員の任期)
第3条

  1. 委員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
  2. 補欠又は増員された委員の任期は、前任者及び現在者の残任期間とする。

(部会長及び副部会長)
第4条

  1. 専門部会に部会長1名及び副部会長を1名を置く。
  2. 部会長及び副部会長は、運営委員の互選によりこれを定める。
  3. 部会長は、専門部会を代表し、会務を総理する。
  4. 副部会長は、部会長を補佐し、部会長不在時あらかじめ部会が定めた順序で、副部長がその職を代理する。

(運営委員会議)
第5条

  1. 運営委員会の会議(以下「会議」という)は、必要に応じて委員長が招集し、その議長となる。
  2. 会議の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによるものとする。
  3. 運営委員会は、必要があるときは運営委員以外会員の出席を求め、その意見又は説明を聞くことができる。

(補則)
第6条
この規程に定めるもののほか、運営委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が別に定めるものとする。

附則

  1. この規程は、平成16年3月1日から施行する。
  2. このクラブの設立当初の運営委員会委員長及び専門部会長は、規程にかかわらず、会長が委嘱する。

事務局組織規程

(趣旨)
第1条
この規程は、カメリーナスポーツクラブ規約第19条の規定に基づき、事務局の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(所掌事項)
第2条
事務局は、カメリーナスポーツクラブの運営等に関する事務を処理する。

(組織)
第3条

  1. 事務局に次の職を置く。
    • (1)マネージャー(会長)。
    • (2)サブマネージャー(副会長)。
    • (3)コーディネーター(運営委員長)。
    • (4)サブコーディネーター(運営副委員長:事務職員)。
    • (5)健康運動指導士(クラブサポーター:町づくり猪苗代職員)。
    • (6)スポーツクラブ運営委員(クラブサポーター:町づくり猪苗代職員)。
    • (7)アドバイザー(教育委員会生涯学習課総合型地域スポーツクラブ担当)。
  2. 前項の職の内、次に定める職を常駐するものとする。
    • (1)サブコーディネーター(事務職員)。
    • (2)健康運動指導士。
    • (3)スポーツクラブ運営委員。

(職務)
第4条

  1. マネージャーは、事務局員を指揮監督し、事務局の事務を統括する。
  2. サブマネージャーは、クラブマネージャーを補佐し、各クラブ組織、運営について指導助言を行う。
  3. コーディネーター(運営委員長)は、所管の専門部会の運営を指導し、業務を調整し、業務を処理する。
  4. サブコーディネーター(事務職員)は、上司の命を受け事務に従事する。
  5. アドバイザーは、猪苗代町教育委員会、猪苗代町体育協会及びスポーツ少年団等との間における受託事務事業の実施に関する事務を指導し、補助(委託)事業等の実施に関する手順を指導する。

(事務所内会議)
第5条

  1. マネージャーは、業務の円滑な執行を図るため、事務所内会議を定例的に開催し、業務方針並びに業務処理方法等について協議するとともに、情報伝達の円滑化に努めるものとする。
  2. 特に必要がある場合には、目的を明示した会議を設け、重点的な業務処理を図るものとする。

(委任)
第6条
この規程に定めるものほか、組織運営上の必要な事項は、会長が別に定める。

附則
この規程は、平成16年4月1日から施行する。